葬送のフリーレン 第2話 ネタバレ・考察│僧侶ハイターの狙い

2020年8月より週刊2勇者が亡くなり、一人冒険を続ける魔法使いフリーレン。

フリーレンはあまり感情を表面に出さないので、あっさりと描かれているように見えるのですが、仲間との「死」での別れに辛くなります。

しかし、決してこの世に悲観せず一生懸命生きているところに、応援したくなりますね!

さて、2話は僧侶ハイターに会いに行くところからでした。

そこでは、戦争孤児の女の子フェルンが一緒に暮らしていました。

勇者ヒンメルの死後20年・・・ハイターに残された時間もわずかです。

そこで、フリーレンに託そうとしますが、見習いの死亡率は高いから連れて行くわけにはいかないと断られてしまいます。

フリーレンの気持ちもよく分かりますね・・・

ハイターは魔導書の解読をお願いし、その間だけでも鍛えてやってほしいとお願いします。

さすが、ハイター!鍛えてもらって、解読が終わった頃、フェルンに1人前になってもらい、フリーレンの旅に同行させてもらう作戦でした!

フェルンもなかなか、可愛くて、思いやりもあり、努力も怠らず、才能もある有望な子でした!

常人が10年かかるところを4年で仕上げてしまいました!

さあ、悲しみを背負った二人ですが、この後どのように乗り越え、旅を続けていくのか楽しみです。

葬送のフリーレン 第2話 ネタバレ・考察│僧侶ハイターの狙い
最新情報をチェックしよう!