SNSを使う際の注意事項

逮捕される可能性がある

売り上げの減少に繋がってしまう

会社の悪い噂を流すと、売り上げが低下します。
しかし後で、自分の流した情報が間違いだったと発覚するかもしれません。
もし間違いだとは分かったら、すぐ謝罪してください。
間違った情報の投稿も、SNS上から削除してください。
すると、情報が拡散されることを防げます。
間違いだったことに気づいても、そのまま放置していると、情報がどんどん拡散されます。

それを真実だと他の人が信じると、会社の信頼性も失われるので経営の危機を迎えます。
業務を妨害されたと会社が判断すると、警察に相談することもあります。
すると情報を流した自分が捕まります。
謝っても、会社側が怒っていれば許してもらえません。
そんな事態が起きないよう、SNSを使ってください。

故意に情報を流すことはしない

SNSは情報が拡散されるのが非常に早いです。
良い噂も、悪い噂もすぐに伝わってしまいます。
ライバル会社の評判を下げようと思って、嘘の情報をSNSに掲載しようと企んでいる人がいます。
本名を使用しないSNSなら、自分の個人情報が特定されることはないから大丈夫でだと思っている人がいるでしょう。
しかし会社で誹謗中傷を言われる被害が出たら、警察や弁護士に相談されます。

専門的な力を使えば、SNS個人を特定するなんて簡単です。
あっという間に自分の素性が知られて、業務妨害の罪で逮捕されるので絶対にしないでください。
SNSを悪用しないで、平和に使うことを意識しましょう。
会社の情報を書く際は、良いことを書けば大丈夫でしょう。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ