手軽なSNS!でも誤情報流してしまうとどうなるの?

SNSを使う際の注意事項

迷惑を掛けてしまう可能性

SNSで間違った情報を流すと、SNSを使っている他の人に迷惑を与えてしまいます。
もちろん故意にではない場合もあるでしょう。
しかしそんなことは関係ありません。
間違った情報を流して、他の人を混乱に陥れると、SNSのアカウントを停止されることがあります。
SNSは簡単に知らない人とも関わりを持てたり、情報収集をしたい時に便利です。
使えなくなったら不便なので、間違った情報を発信しないように注意しましょう。

会社の間違った情報をSNSで流すことで、業務妨害だと思われることがあります。
何度も続くと、警察に逮捕されることもあるので気をつけてください。
本当か分からない情報は安易にSNSに載せないことを心がけましょう。
中にはライバル会社の売り上げを低下させるために、わざと悪い情報やウソの情報を流す人が見られます。
SNSはハンドルネームが使えるので、自分だと特定されないと思っている人がいるでしょう。
しかし、弁護士などが力を発揮すればすぐアカウントを特定されます。

会社だけでなく、個人の悪口も言わないように注意してください。
個人を誹謗中傷するようなことや嘘をSNSに書くと、罰せられる可能性があります。
SNSで個人を誹謗中傷するようなことは、絶対に書かないでください。
平和に使うことを意識していれば、アカウントが停止することはないでしょう。
現在使っていたSNSだけではなく、他のSNSも使えなくなってしまうことがあります。


ページの
先頭へ